先にある恐怖・時の記憶・どうしたの?・ウサギさん

「先にある恐怖」

あなたがわたしのことを
どれだけしっているのか
わからないけれども

今はきっと私からは伝えれないと思います
貴方が描いた私の想像は
とても嬉しいのですが

わたしもあなたのことを
なにもしらない
しろうともしていないのだから

私の想像がもしも
貴方の想像を超えるとするのなら
その時は伝えます

もうその時には好きになっているのだから

いまはもっとみてくださいね
今はもっと知ってくださいね
わたし冷たくします
わたし苦しめます
わたし泣いてます
私自身わたしの事も分からずに

だから今は・・・


「時の記憶」


ある日ある時ある所
そこへ行ったのは・・・

涙があふれ出した・・・
そこにはログハウスと小さな水車
鶏とヒヨコ、アヒルもいた
懐かしくずっと昔に見たような風景
夕方近く山の奥にそれはあった

一度も来た事もなければ
知りもしない場所

車を止めて数分
涙が止まらない・・・

「どうしたの?」

その一言で
その場所は
荒れ果てたログハウスと壊れた水車
川は枯れ果て動物なんて居なかった

それから数年後も
それからまた数年後も
その場所に行った

あの風景をもう一度見たくて


「心の外(から・・・out of mind」

愛情は愛を超えられないのか
愛が愛情を超えられないのか

御結婚おめでとうございます
日々多く、行く末果てしなく
過ごしてきた日これから過ごす日
あなたにとって平凡でありますように

特別いい事もなく
特別悪い事もなく
日々が過ぎ
おじいさんおばあさんになり
その時になって初めて
楽しかった事に気づく
そんな幸せを見つけてください

悪いことを否定せず
人を否定する前に
自分自身を否定し人を肯定する
1+1が2以外に答えを見つけれる様に

お幸せに



「ウサギさん」

ウサギの心は敏感で
人からウサギになりました
集団で生きる生活から
孤独な生活えらびました
ウサギの気持ちはウソツキで
人からウサギになれません
毎日毎日笑ってます
ウサギのハートは寂しいです
人からウサギになろうかな




コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-03-02 16:35:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード