感覚依存・笑顔・軌跡・そこに遇ったから・雨宿り

「感覚依存」

例えば
真青の黄昏の漆黒の
どのソラにも表情が

例えば
風の草木の花の
どのニオイにも懐かしさが

例えば
景色の流れて往く時間

例えば
キミのしぐさや話し方

好きなんだ

懐かしさと寂しさが共存出来る時
僕はその一瞬が好きになる
悲しい時
楽しい時
どんな時であろうと

人が本当の意味で
求める感情って
時々
寂しさなんじゃないかと・・・


「笑顔」

アタシが笑う時がある

笑えたとは思わない

でも

笑ったとは思う

探してるものが見つかる
美しいものを見る
苦しんでた人に声をかける
美味しいものを食べる
美味しいお酒を飲む
投出して話が出来る
好きな人と出会う
恋をする・・・
ありがとう


いくつもの微笑み

笑えたと思う瞬間

さまざまな思いが

笑顔に変わるTOKI

アタシは心から幸せだと思う

だから


笑顔を下さい


「軌跡」

僕は何度も考えた
これは現実なのかと
それとも・・・

目を覚ますと
扉が有り
鍵ヲ回し・・・

僕は何故
扉を開けるのか

「そこに遇ったから」

見つけた気がした
進まなければならない道
進むしかなかった道

だから
だから

苦しみながら
モガキナガラ

進むしかない事を
何度も考えた

いつだっけ今日は・・・


「雨宿り」

空から雨粒が落ちてくる季節

キミに別れを告げた・・・

雨が止む頃には
心も晴れる事を祈って

そう言えば
出会ったのも雨の日だったね

いつか雨の日が好きになれる様に

そんな想いで

僕は雨の日を好きになった





コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-03-02 16:05:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード